ラオスの自動車用潤滑油市場に関する機会評価

クライアントは、市場での自社製品の差別化と、競争優位性の獲得を試みています。

戦略

クライアント

アジア全域の成長市場において積極的に拡大を続ける、世界的な潤滑油メーカー。

課題

クライアントは最近、ラオスにおける市場プレゼンスを強化するために新しい販売代理店を選定しており、注力すべき製品の粘度やセグメント、競合環境、特にラオスにおいて顕著な並行輸入の脅威、新規代理店を通した市場参入戦略など、重要な成長のドライバーについて理解を深める必要がありました。

アプローチ

YCP Solidianceは、マネージャー、シニアコンサルタント、コンサルタント、アナリストから成るチームを編成し、政府や業界団体、代理店、卸売業者、工場、スペアパーツショップ、燃料ステーションなどの主要なステークホルダーに対して、ビエンチャンとサバナケットでデプスインタビューを実施しました。

プロジェクト成果

このプロジェクトに基づき、クライアントは流通業者と議論し、市場において差別化を実現し、ターゲットを絞ったマーケティング手法に基づきチャネルや顧客を巻き込み競争優位性を獲得するための重点的な市場参入戦略を構築することが可能となりました。

他のケーススタディを見る
全てを見る

メールアドレスを登録すると、アジア市場に関する最新情報およびホワイトペーパーを受け取ることができます